〈多様性との共生〉に出会う

―各人のライフヒストリーを軸に―

1122.png

​イベント概要

ジェンダー、LGBTQ、障害、エスニシティ/人種、宗教、社会経済的な背景、年齢など、日本社会には多様な差異を持っている人たちが共に生きています。本研究センターは、4つの柱—生産性と結びつけられた多様性の奨励の批判的考察、インターセクショナリティと連帯、多様な主体による実践、社会における広い学び—を軸に、さまざまな差異をめぐる差別・不平等・生きづらさの解消に向けた多様な主体の間の対話・共同性・連帯を育むことを目指した活動を展開していきます。

本セミナーでは5人のメンバーが、それぞれの多様性の共生に関する想い、関心、取り組み、研究センターで実践したいこと、社会・企業・大学の構造変革などについて、履歴を振り返りながら率直に語り合うとともに、参加者の皆さんとまさに多様な多様性を平等に包含へのアプローチや連帯のあり方についてざっくばらんに対話したく思います。どうか奮ってご参加ください!

​​報告者

岩渕功一
大岡栄美
貴戸理恵
ベネディクト・ティモシー
村田泰子
(名字五十音順)

日時・開催方法・場所

【日時】 2021年11月22日(月) 15:30~17:30

【開催方法】 対面×Zoomウェビナーでのハイブリッド開催

【場所】 関西学院大学社会学部共同学習室
※部屋の定員が少ないため、Zoomでのご参加を推奨します

ご参加にはセミナー開始時刻前までのご登録が必要です。以下のリンクよりご登録をお願いします。

​学内外問わず多くの方にご参加いただければ幸いです。